2011_08
25
(Thu)23:55

伊豆旅行(その6)

伊豆旅行、最終回です。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございます。


大室山を後にして”メルヘンの森美術館”へ行きました。

DSCF5166_convert_20110824232616.jpg




1.2階に人物、動物などほのぼのとしたメルヘンの絵画が展示してあります。
わんこはリードか抱っこで入館できます(800円)

DSCF5129_convert_20110824232806.jpg

別館で、人もわんこもドレスを着て写真が撮れます。(有料)
私達の目的はこちら。

旅行前にPCから割引券を印刷して、持って行ったのでお得になりました(^.^)

カメラマンさんに撮影してもらってもいいし、個人で撮影もできます。
私達は個人で、和気あいあいと撮影会を開始♪

親バカ写真を見て下さい。


ピンクのドレスのまひる

DSCF5183_convert_20110824232711.jpg



DSCF5132_convert_20110824232858.jpg




タキシード姿のニモくん

DSCF5141_convert_20110824233002.jpg




赤いドレスのすくちゃん

DSCF5140_convert_20110824232934.jpg




すく、ニモ姉弟

DSCF5131_convert_20110824232829.jpg




3ショット

DSCF5279_convert_20110825234423.jpg

楽しい時間は、あっという間に過ぎていきました。
わん達は、楽しくなかったと思いますが、飼い主は楽しかったです。
着物もあったから、着せてみたかったな。




お昼は、わんこも店内に入れる手作り餃子の”餃子こうげん倶楽部”さんへ行きました。
この季節、わんこと店内に入れるのは、うれしいです。

看板を頼りに、細い道を入っていきましたが、看板が多かったので無事行けました。
食事の写真がなくて、すみません。
餃子の皮も手作りで、1個のボリュームがありました。

わんこにはお水を出してくれました。

DSCF5136_convert_20110825234336.jpg

食事を終えると午後2時でした。
そろそろ帰りましょうか。




その後、休憩を取りながら、沼津ICから東名高速を走り、浜名湖SAで夕食を取り、帰りました。

わん達も疲れて、バリケンでぐっすり。

DSCF5137_convert_20110824233034.jpg


DSCF5138_convert_20110824233120.jpg

帰りの車内は、わんこの気配がありません。静か・・・。

愛知から伊豆は遠かったけれど、とっても楽しい旅行でした。
すくちゃん、ニモくん、ご家族の皆さま、ありがとうございました(^.^)


帰り道、まひるの夜ご飯を忘れていました。
すく家から帰る途中に気づき、8時半にご飯。疲れていたせいもあるけれど、ご飯の要求もしないでいてくれた、まひるが可愛くて。

まひる~、楽しかったね! ご飯、忘れてごめんね。

またいつか、すく家と一緒に旅行ができたらいいなぁ♪

終わり。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

伊豆旅行その1~6まで一気に拝見しちゃいました~v-411
暑い時期なのに、大室山の緑と空の青がきれい~♪
そしてまひるちゃん・すくちゃん&二モ君の笑顔が輝いていますねv-352

今回の“プチホテル渚苑”さんも可愛いお宿で、部屋にゲージを備えてあるのがセナの目を引きました。
伊豆高原に行くことがありましたら絶対に利用してみたいです!

メルヘンの森美術館でのドレス撮影も、とっても素敵ですねぇ~~v-344
まひるちゃんはピンクがすくちゃんは赤のドレスが似合ってますよ。
なんたって、二モ君のタキシード姿がダンディーで可愛いですv-415

良かったですね!まひるちゃんを通しての素敵なご縁で、素晴らしい旅ができましたね。
これからも3パピちゃんの仲良しな姿がとっても楽しみなセナです。

2011/08/27 (Sat) 09:52 | セナ #UjFM0xek | URL | 編集 | 返信

v-22 セナさんへ

ずっと読んでいただき、ありがとうございました。
夏の旅行は、暑さ対策が必要ですが、とっても楽しい旅行でした。

大室山は、風があったので気持ちよかったです。
美術館はエアコンが効いているので、いいですね。
私もすくちゃんは赤が似合うと思いました。
ニモくん、可愛いですね。

渚苑さんは、まひるの泊まった部屋にはケージがありましたが、すくちゃん達の部屋はベッドだけでした。部屋によって変わるのかなぁ?

2011/08/29 (Mon) 00:41 | まひるま #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック