2013_07
04
(Thu)00:17

6月のしつけ教室

気づけば、7月・・・。
コメントもいただいたまま、お返事もできずスミマセン。

バイトから帰ると、7時近くて、それからご飯の支度、ご飯、お風呂・・・、1日があっという間です。
PCを開けない日もあり、ご無沙汰しております。

ご心配をおかけしているまひるですが、機嫌も直ったようで? 普通にしています。
このまま、何事もありませんように・・・。



さて、アップするのが遅れましたが、6月18日にしつけ教室に行ってきました。
今回も、えんとプライベートレッスンです。

私が気になっているのは、えんは車に向かって、吠えかかっていく事でした。
吠えるだけなら、まだいいのですが、向かっていくので危なくて。

それで”マテ”の練習をしました。

まず、気を引くおもちゃを見せます。
初めは、3段階の3番目のおもちゃから。

DSCF9129_convert_20130703233327.jpg




「マテ」→ おもちゃを置く

DSCF9130_convert_20130703233353.jpg





「ヨシ」で解除。→ 取りにいく






おもちゃを見せて

DSCF9131_convert_20130703233428.jpg





「マテ」→ 次は投げる

DSCF9132_convert_20130703233448.jpg





「ヨシ」

DSCF9133_convert_20130703233508.jpg

場所が狭いので、よくわからないと思いますが、段々投げる距離を広げたり、大好きなおもちゃに変えたりします。

「マテ」をしても、後で取りにいける、とわかると「マテ」ができるようになります。
どんなに行きたくても「マテ」が聞けると、いいですよね~。



この他、えんは吠えるのでジェントルリーダーを試してみました。
口輪のようですが、口を縛るわけではなく、鼻の上にジェントルリーダーが乗っていると、安心できるそうです。
でも、えんには、あまり効果がありませんでした・・・。却下。


それならば!
速足で通り過ぎる練習。

他の犬の前を、飼い主が速足で通り過ぎます。
この時に言われたのが、私が「吠えるかな?大丈夫かな?」と思うと、えんに伝わるから、堂々とさっさと「行くよ!」とえんをリードするように、でした。

ここでも、飼い主の接し方ですね~。
私が、えんを不安にさせるような事をしては、ダメですね。




*アイコンタクト

えんを私に集中させる!

おやつを手のひらに持ち、ちょこっとづつあげる。

DSCF9134_convert_20130703233528.jpg




まだ、見ている

DSCF9136_convert_20130703233559.jpg




まだまだ、見ている

DSCF9138_convert_20130703233618.jpg

まず、1分から始める。

おやつに集中していれば、他を見て吠えない。




どれも、家でもできることです。
少しづつでも、続けていきたいと思います。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

こんにちは♪まひるちゃん大変でしたね(;o;)
あんなちぎるなんて自分も痛いだろうに…。
わんこは喋れないから不安なときとか見抜けないですよね。。

えんちゃん頑張ってますね~(^-^)vほんと徐々に進歩していきますね。吠えを止めるのって難しい。。
うちは小さい頃要求吠えしてたじきがあって、高い高いを旦那がしたら吠えなくなりました(^-^;

まひるまさんも頑張れ~♪

2013/07/04 (Thu) 12:42 | うみ #- | URL | 編集 | 返信

こんにちは

ご無沙汰して申し訳ないっすσ(^_^;)

まひるちゃんの尻尾毛カミカミ事件、拝見しました。
ハルもしましたー。
ハルは細くて長い尾長鶏のような尻尾が特徴なんですが
それが見事に短い!
気をつけて見てたら、
暇な時、ぐるぐる回ってたら、尻尾が目の前にあって
噛んでたら、暇が潰れたって感じに見えました。
だから、まひるちゃんもストレスとかじゃなくて
暇つぶしだと思いますから、
まひるまさん、自分のせいだって凹まないでね。

人はテレビやパソコンで暇つぶしできるけど
ワンコは、趣味ってないもんね。
バイトに行く前に、疲れるくらい散歩行って
寝させる!ってくらいかな?

私は犬が疲れるほど自分が走れないので
(デブ&体力が無い為)
自分は自転車に乗って犬を走らせます。
これだと遠くまで行かなく充分。
ご近所で、車が少ない道を走るだけ。
犬がハアハア舌出す位なスピードで。
テキメンですよ。
自分は疲れないし。笑


2013/07/07 (Sun) 20:07 | くれはるか #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック