後悔

えん&恋菜ちゃんの誕生日。
それは、ツバキ&ツツジの命日。



2012111321560000.jpg



まひるは4頭の赤ちゃんを出産しました。

交配59日目。2011年11月12日の夜8時。
ホリホリ、ソワソワ。ハアハア言い出しました。

この日は朝からホリホリ。散歩も行きたがらず、ご飯も食べず。
だから、出産が始まったって思った。

まひるの骨盤より、赤ちゃんの方が小さかったし、まひるなら大丈夫。きっと安産で産んでくれる。
そんな風に思ってた。

1頭目の袋が見えてきた。見守っていた私。
途中、袋が破れて見えていたのは尻尾。

逆子だったら、出してあげないと!でも、まひるに「キャン」って鳴かれて、それ以上出すことができなかった。
時間がかかりすぎだったと思う。
生まれてきても、声をあげなかった。
152gの女の子。長女ツバキ。


もう、どうしていいかわからなくて、動物病院へ電話をした。
すぐにでも、まひるを連れて行きたかった。
24時間対応の病院だったけど、電話の答えは「今、動かすと出産が止まるかもしれないので、自宅で様子を見て・・・」

電話のやりとりをしていたら、パパが「何か出てきてるぞ!」って。

2頭目も見えていたのは尻尾。
まひるが動く(産箱内を歩く)から、私はガーゼで赤ちゃんを支えながら全身が出るのを見守った。
一生懸命、体をこすった。振ってみた。
その子も、声をあげなかった。
175gの女の子。次女ツツジ。

2012111321560002.jpg


まひるはどう思っているのだろうか?
赤ちゃんを見せないように必死だった。

それから、間もなく3頭目の姿が。
また見えたのは尻尾。同じように動くまひる。
ガーゼで支え、後をついている私。
全身が出た時、その子の鳴き声が聞けた。
132gの女の子。三女。

へその緒を縛って、切って、まひるの近くに置く。
まひるはすぐに舐め、おっぱいをあげていた。

立て続けに3頭出産後、しばらくの休息。

最後の1頭の出産が始まったので、三女を避難させた。
最後の子だけは、頭から。
またまたガーゼで支え、無事出産。
146gの女の子。四女。

処置をした後、まひるの元へ。
誰も教えていないのに、2頭は一生懸命おっぱいを飲んだ。

まひるから離れると「キュンキュン」鳴いて、自分がいることを示す。
2頭は、温めあうように絡んで、おっぱいを飲んでいた。



夜通し、まひるは世話をしていたのか、翌日には赤ちゃんは舐められてピカピカだった。
血がついた自分の毛も、キレイになっていた。
赤ちゃんの排泄も完璧にキレイにして、産箱が汚れていたことはありません。

鼻先で赤ちゃんをひっくり返し、蹴飛ばし、見ていてハラハラしたけれど、まひるは全てを自分でこなす、とってもいい母親だった。

2012111321590000.jpg
えん(左)・恋菜(右)

この時は、どちらが残るかわからなかったけど、三女がうちに残る気がしてた。




私が、しっかりできていれば、もっと危機管理をしっかりしていれば、失わずにすんだ2つの命。
まひるのお腹の中では、トクトク聞こえた心臓の音。
今でも私は、ツバキとツツジに”ごめんね”しか言えない。


名前を考える時間もなく、失ったふたつの命。
ツバキ。ツツジ。
あなた達のおかげで、えんは無事生まれることができたと思う。
初めて、えんの鳴き声が聞けた時、どんなにホッとしたか、どんなにうれしかったか。

恋菜ちゃんは、たったひとり、頭から生まれてきた子。
この子は絶対に幸せになれる。生まれた時からそう思ってる。

ツバキ。ツツジ。
ごめんね。
絶対、私はあなた達のこと忘れないから。ずっとずっと一緒にいるから。

2012111321550000.jpg

ツバキ(右)・ツツジ(左)
ふたりとも、とっても美人さんだったね。
ツバキ・・・。まひるにそっくりだったね。
ツツジ・・・。あなたの伯母さんにそっくりな子がいてね。その子を見る度に、あなたが重なる。

可愛い可愛いまひるの娘たち。
ごめんね。ごめんね・・・。




スポンサーサイト
プロフィール

まひるま

Author:まひるま
08年1月4日生まれのパピヨン”まひる”との日常を書いています。
まひるの笑顔が大好き♪です。
11年11月12日生まれの、まひるの娘”えん”が仲間入りしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR